MBA2018年10月期はちょっと不完全燃焼感・・・

グロービスに本科生として入学してはや10ヶ月。3科目となった2018年10月期が終わりました~

スポンサードリンク

2018年10月期

本当は全期間2科目ずつとれば卒業できるのですが、入学してから各期3科目くらいずつとってます。いわゆる直前に単位待ちしてるのがこわいびびり(笑)なのです…

ということで今期はグローバルパースペクティブ、イノベーションと事業構造変革、リーダーシップとメンタルヘルスの3科目を受講しました。3科目といえどもリーダーシップとメンタルヘルスは全4回、レポートなしなので軽めですね。

実はグローバルパースペクティブはちょっとなめてました…内容的に軽い科目だと思ったら全然そんなことなく、ほぼ全部のクラスで2ケースずつというかなーりきつい科目でした…しかも今までのグロービスでやってきた企業のはなしではなく、国全体の話なので頭の使いどころが全然違う。でも今まで意味わからずスルーしてきた財政政策、経済政策の基礎的な知識が手に入ってニュースの理解度が格段に上がりました。本当に受講してよかった。間違えなくグロービスで受講してよかった科目No.1(いまのところ)です。

イノベーションと事業構造変革も想像していたのと違いました。ポートフォリオ転換の考え方とか、そういうハードなところだと思っていたのですが、実際はソフト面をかなり考慮したクラスでした。変革っていうと聞こえがいいけれど、実際はすんごい泥臭く、近道はなかなかないよねっという感じ。一方で講師の方のタイプにもよるかもしれませんが、経営戦略の復習もしっかりできてよかったです。

リーダーシップとメンタルヘルスはあまりギャップがなかったかな?しかしこのクラスは講師のアタリハズレが他のクラスに比べて大きい気がする…

成績の方ですが、グローバルパースペクティブとリーダーシップとメンタルヘルスはもうちょっと良いことを期待していたのですが、ちょっと残念な結果になりました。グローバルパースペクティブはレポートが原因かな。リーダーシップとメンタルヘルス…うーん、原因わからずです。逆にイノベーションと事業構造変革は、レポート提出前に体調をひどく崩し、レポートがかなり不味い感じで、下手したら単位来ないんじゃないかと思っていたのですが、普通にまあまあの点数がつき、まあまあの成績になりました。このあたり、講師のツボがわかってない=理解がまだまだってことなんでしょうね…

GMAP受かった♪

グロービスでは卒業まで36単位と別に、GMAPという試験があります。マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの6科目各20分の全問選択式のテストです。毎年5月と10月に受験できるので、最大で2年間で4回のチャンスがあり、6科目同時に合格する必要があります。

5月は仕事の都合受験できることができず、10月が初受験でした。グロービスマネジメントブックから基本的に出題されるので、マネジメントブックを三回か四回くらいざーっと読みました。今回落ちてもまだ二回あるし…

結果としては合格でした。時間がきついという話を聞いていたので、よくわからないものは下手に迷わず適当に塗って進める作戦でいったため、私の場合はむしろ時間が余って暇になりました…内容としてもそんなに難しいものはなく、クラス一通り聞いていればなんとかなる気がします。ただ組織行動学はよくわからないのも結構あったかも…このあたりはフィーリングですね(笑)

でもこれであとは単位をとるだけで卒業できます。一安心♪

2019年1月期

すでにスタートした2019年1月期ですが、今回も3科目です。3科目受講はこれでおしまいの予定。テクノベート・シンキング、日本・アジア企業のグローバル化戦略、イノベーションをもたらす先端デジタル技術トレンドです。イノベーションをもたらす~は4回でレポートなしなので、無難にこなせそうです。テクノベート・シンキングもなんとかがんばれそうですが、日本・アジア企業のグローバル化戦略はまたしても毎回2ケースなので、グローバルパースペクティブとおなじく苦労しそうな予感…ちゃんとシラバス見ておけばよかった…全科目単位がとれるようにがんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました