災害に備えて ミルク卒業後の備え ローリングストック始めました!

子供が生まれてからというものの、防災には意識を使うようになりました。すでに完ミ時代の備えについては過去に書いていますが、ミルクを卒業した後に防災バックの中身を見直しました。さらに今回は家でも備蓄をということでローリングストックを開始。これから準備する方の参考になればと思います!

スポンサードリンク

我が家の状況

我が家はごく普通の東京近郊の住宅地にあります。周りに海があるわけでも山があるわけでもないので、陸の孤島にはならないような立地です。ということでおそらく3日もしないうちに救援物資がくるだろうと考えています。さらに管理組合がしっかりしてるマンションなので、マンション自体にも多少の食品備蓄があります。かなり構造、地盤ともにしっかりしているので、地震後も少なくとも荷物を取りに戻ることはできるだろうと考えています。ということで、全部持ち出そうと思わず、持ち出し用と備蓄用に分けて考えます。

持ち出し用

まだまだ子供は1歳なのでむしろ子供が(言い方は悪いけれど)荷物になることを想定して、持ち出し用リュックはあまり大きくしていません。私も夫もデイパック1つ分です。この中に自分たちの荷物と子供の荷物を入れています。おそらく世の中の推奨よりは荷物を削っているのですが、これでもリュックパンパンで入らないし、子供を抱えることを考えると私はこれが限界・・・

基本的に入れ替えをしなくていいように食品は備蓄用の長期間保存品を入れています。子供の洋服なんかも大きいものを入れています。ちなみに暗いときにリュックをあさるのは無理なので、懐中電灯(手回し発電+携帯充電+ラジオ)はリュックの外に出しています。

大人荷物

  • 着替え、スリッパ
  • ウエットティッシュ、歯ブラシなどの衛生用品
  • タオル
  • 軍手
  • ロープ、ガムテープ
  • サランラップ(お皿とかに引くといいらしい)
  • ビニール袋
  • レインコート
  • サバイバルシート(銀色のてろてろしたもの)
  • レジャーシート
  • 電池
  • 筆記用具
  • 緊急連絡先一覧(携帯使えないことを考慮)
  • 箸、スプーン
  • サクマ式ドロップス
  • ビスコ 保存缶

子供荷物

大人と共有できるものは共有するため、着替えのみです。ミルク時代はミルクと哺乳瓶、離乳食と荷物が増えていましたが、ミルクを卒業し、完了食になるとかなり荷物が減ります。

  • 2サイズ大きいTシャツ×3枚(下着だけ変えればなんとかなると考えてます)
  • おむつ×10枚

備蓄用

こちらは完全にローリングストックを意識しているので入れ替えが前提です。もともとミルクや水はローリングストックで備えていましたが、ここで大人用の食品も含めて準備することにしました。

ローリングストックとは、長期保存用の食品を購入するのではなく、賞味期限が1年くらいの食品を購入し、そのうちの1部を日常的に消費→消費した分買い足すことで備蓄食品を更新していくというものです(詳しくはこちら)。メリットとしては時々備蓄用食品を消費することで、賞味期限切れを防ぐ、災害時でも食べ慣れたものが口に入れられるということがあるようです。また、長期保存用の食品はとても高いので、賞味期限が1年くらいの食品でいいというのはコスト面でメリットですね。だいたいのレトルト食品は賞味期限1年くらいある気がします。

食品

ここには備蓄用に購入したものだけを挙げていますが、他にも食料品は多めに買っておくことにしています。乾物や調味料なんかはだいたい1個予備を置いてます。というよりネットで買うことが多いので、まとめ買いしていたらこうなってしまいましたwあとレトルトは共働きの味方なのでカレーなどは常に5個くらい置いてます。災害対策と考えればお菓子の買い置きとかも悪くないのかもしれないですね。

  • レトルトのおかゆ×27(3食x3人x3日)
  • 焼き鳥とかさんまの蒲焼きの缶詰x27(3食x3人x3日)
  • 缶の野菜ジュースx24(缶は賞味期限が長いです。数は適当w)
  • 水2Lx6

おかゆにしたのは口の水分が取られないと聞いたので。缶詰はおかず、野菜ジュースは少しでもビタミン補給ができればという希望からです。こちらはキッチンの棚に入れています。

日用品

こちらも余裕を持ってまとめ買いをするので常に潤沢です。腐るものじゃないですしね。日用品に関しては私の化粧品までローリングストック・・・w

  • トイレットペーパーx1パック
  • ティッシュペーパーx5箱
  • おむつx2パック
  • おしりふきx4パック(ウェットティッシュとしても使えるので多め)

これだけは必ず置いておくようにしています。この数を切ったら必ず購入。

まとめ

ミルクがなくなって楽になったとはいえ、今度はきちんと食べ物の準備をしてあげないとなあと感じて主に食べ物を見直してみました。これから月に1回はおかゆとかの日を作って子供共々非常食に慣れておこうと思います。また、持ち出し用のリュックは見直しをしなくていいようにしていますが、年に1回くらいはおむつのチェックも兼ねてリュックをあけようと思います。

もちろんリュックは使わず、食べ物も賞味期限切れを迎えるのが一番ですが、いざとなったときに子供をしっかり守れるように、準備だけはしておかないといけないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました