歯磨き戦争に終了の兆し…??仕上げ歯磨きのいやいやが減ってきました。

このブログでも3回にわたり歯磨きの苦労や対策について紹介してきたのですが、最近なぜか落ち着いてきました!ということで新たな対策といままでの苦労(笑)を一挙ご紹介です。

スポンサードリンク

歯磨きって本当に大変!

歯磨きって本当に大変ですね。我が子はご飯もよく食べるし、風邪引かないし、一人遊びもしてくれるので比較的お世話が楽な方だとは思うのですが、歩けるようになってからは歯磨き、お風呂といった衛生関係にものすごく手を焼いています。母からは歯磨きへたなのよとか、湯船にいれてないからよとかいろいろ言われるのですが、少なくとも歯磨きは衛生士さんでもだめだったので、私の技術のせいじゃないと思います(笑)

泣き叫ばれて疲れるので、よくないかもしれませんが今は歯磨きは夜のみです。お弁当つくって朝ごはん作って自分の準備をして…7時に出発だと残念ながら今のところ歯磨きの余地がありません…

我が家の歯磨き対策の変遷

せめて夜はしっかり磨いてあげよう!と思うのですが、歯磨き嫌いの我が子に手を焼き、あの手この手で歯磨きしています。先日1歳10ヶ月にして、しっかり磨きはじめてから初めて泣かずに歯磨きが終えられました!ある種記念ブログ(笑)

生後5ヶ月~8ヶ月

俗に言う天使の時代。歯もほとんどはえてないから噛まれないし、嫌がることもなく。乳児用歯磨きをもってくちゅくちゅしていただけです。仕上げ磨きはガーゼでした。

生後9ヶ月~1歳2ヶ月頃

歯も大分はえてきたのでブラシタイプに変更。自分で磨くのはいいのですが、このころから仕上げ磨きをいやがるように(対策その1その2)。しかし、まだ歯も少ないし、歩けないので、いま考えるとこの程度で何悩んでたんだろうと思うくらい(笑)

1歳2ヶ月頃~1歳半

悩みの時代。1歳で歩けるようになってからは動くは、歯がはえそろって痛いわで毎日はみがき後が憂鬱でした。ご機嫌をとりつつひたすら耐える…前の記事によれば1歳4ヶ月でやや落ち着いたらしいですが、どうやらその時代はあっという間にさようなら…

1歳半~現在(1歳10ヶ月)

開き直りの時代(笑)1歳半検診で、押さえつけてでも磨いてください!といわれ、なんとなくリミッターがはずれました(笑)いやいや期でいらいらしているのも重なってね…

現在の流れは

  1. アンパンマンの歯ブラシで自分での歯磨きを誘導。わたしも一緒に磨きます。まねっこが好きになるにつれて、自分でしゃかしゃかできるようになりましたが、いまだに30秒で飽きます(笑)
  2. 歯ブラシ回収後、仕上げ歯ブラシを準備(歯磨き粉はつけ直し)
  3. ごろーんしてー!と声をかけ始める。が、振り向きもしないです。懲りずに声かけます。と同時に、後ろに回って優しくだっこします。運よく逃げずにごろーんしてくれればはみがき開始。
  4. 10分くらい待ってもだめなら強制的に体を固定!
  5. 泣こうが叫ぼうが仕上げ磨き!

こんな流れになりました。ポイントはアンパンマンの歯ブラシかも(笑)おむつといい、キャラものに弱い子には絶大な効果を発揮するのではないかと思います(笑)。

また、磨いているときに我が子は口を閉じたり、歯ブラシを噛んだりするのですが、両親揃っているときには一人が磨いて、もう一人は足をもって遊んであげると我が家では比較的嫌がらず、口も開けてくれるのでスムーズに進みます。足をもって音楽に合わせて動かしてあげたり、こちょこちょ~!とすると磨きやすいし、足で蹴られることもないし、機嫌も良くなるのでおすすめです。

まとめ

正直我が家にとっては初めての育児の壁だった気がします。気の長い夫もあからさまにいやがってました(笑)何はともあれ1歳10ヶ月にしてやっと平穏が訪れそうな気配。まだまだ歯磨きの苦労は続くかもしれませんが、自分が悩んだ虫歯でこどもを困らせたくないのでがんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました