教育訓練給付金の申請を郵送でやってみた!

グロービスに2年卒業予定で通っていると、専門実践教育訓練給付金を4回行うことになります。
1回目の申請のときにハローワークの人にお勧めされて2回目は郵送で申請してみました。
とっても簡単だったので、チャレンジする価値ありです!

スポンサードリンク

専門実践教育訓練給付金の申請

専門教育訓練給付金の詳細についてはグロービスやハローワークのページを参照いただくとして、基準を満たせば1年に40万円(2年で80万円)、さらに追加で32万円の合計112万円かえってくるという素敵な制度です(2018期の場合です)。

この申請は1年に一回ではなく、半年に一回行うので、1年目の10月、2年目の4月、10月、卒業後の合計4回申請することになります。

この申請、1ヵ月以内にハローワークに行かないといけないので、社会人大学院生としてはなかなか面倒です。ハローワーク混んでますしね。。。

1回目の申請に行ったときに、ハローワークの方に「次はぜひ郵送で」とおすすめされたので、2回目は実際に郵送申請してみました。

郵送申請の方法

郵送申請ができるかどうかは一度ご自身の管轄ハローワークに電話で問い合わせてみてください。以下はあくまで私の場合です!

必要な書類は以下の7つでした。

1. 教育訓練給付金の受給資格証

2. 教育訓練給付金支給申請書

3. 受講証明書

4. 領収書

5. 教育訓練経費等確認書

6. 在職中でハローワークに行けないことを述べた書類

7. 返信用封筒(A4サイズが入るもの)

1は事前の申請のときに受領しているはずです。2~4はグロービスから送られてきます。5についてはハローワークでもらえるので、もし持っていなかったら送ってもらうとよいかと思います(私は1回目の申請のときもらいました)。6は在職中でハローワークにいけないこと、名前と住所をかいた書類(メモみたいな感じ)で、特に特定の様式はありません。7については申請手続きが済んだあと1、4を返してもらうためのものです。

これをすべて管轄のハローワークに送ります。送るときはきちんと追跡ができる方法がよいかと思います。私は配達証明郵便で送りました。

すると1週間もしないうちに手続き完了の旨が記載された紙と、返還される書類(+次の申請用の5番)が返ってきました。有給を一日使わなくて済んだのでよかった♪

教育訓練給金の郵送申請についてネットでしらべると結構ハードルが高そうだったのですが、専門実践に関してはそこまで制限が厳しくないようです。ぜひお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました