完ミの卒ミルク後のスケジュール、ミルクの量:生後12ヶ月

ついにお誕生日を迎えた1才0ヶ月のスケジュールです。
我が家ではミルクは1才までにしようと決めていたため、お誕生日にミルク卒業しました。保育園ではまだ飲んでいるようなので、完全には卒業といきませんが…卒ミ後のスケジュールとして参考になればと思います。

スポンサードリンク

☆ミルクの量☆

おうちでは完全にミルク卒業しました。卒業後は朝に必ず100mlほど牛乳(貧血防止のため鉄分強化型のもの)を軽くあたためて飲ませています。哺乳瓶は運よく卒業できたので、コップ飲みです。とってもらくちん(笑)

平日はこれにプラスして保育園でお昼ご飯とおやつのときにフォローアップミルクを100mlずつ飲んでいるようです。休日はお昼ご飯またはおやつの時に牛乳100mlを飲ませていますが、外出時は飲ませないことも。この辺りは離乳食の食べ具合と相談です。

1才児だと、1日に男の子は1000kcal、女の子は900kcalくらい必要だそうで、なんとなーくそれを目標にしています。ちなみに保育園はお昼ご飯とおやつで500kcalだそう。

☆スケジュール生後12ヶ月☆

まったくかわり映えがしません。ただ、お出掛けの時などは夜9時すぎに寝かせたり、休みの日は7時まで寝かせたりと、今日は特別ということが気軽にできるようになりました。これは大きな前進。
1. 朝は6時に起こす
2. お風呂は7時半頃入れる
3. 夜は8時に暗い部屋に連れて寝かせる

お昼寝は午後の1回、二時間から三時間になる日がほとんどです。合計睡眠時間としては12~13時間です。8ヶ月から変わりません。

平日、休日
6:00 起床
6:20 離乳食+牛乳
7:20 登園
←この間は外で遊んだりするそう
11:00 離乳食、ミルク(家なら牛乳またはなし)
←この間にお昼寝(12~15時のことが多くなりました)
15:00 おやつ+ミルク(家なら牛乳またはなし)
18:00 降園
18:30 離乳食(ミルク、牛乳なし)
19:30 お風呂、歯磨き
20:00 暗い部屋に連れていく、就寝

生後12ヶ月の感想

牛乳になってコップ飲みになったら本当に楽になりました。お湯を沸かす必要もないし、洗うのも楽だし。コップのみは外出時の水分補給も楽になるので、早めに身につけて損はないと思います。

保育園からのお手紙でみたのですが、ストローは練習しなくてもいいけど、コップは成長の過程で練習する必要があるそうです(理由を忘れてしまった…)。確かにコップ飲みって、ストローが吸うだけでいいのに対して、口にいれる量とか、傾け方とかいろんなことに神経を配る必要がありますよね。今でも目を離すとコップ振り回してる…

1ヶ月で完ミになって、はじめはなんとなく罪悪感みたいなものもありましたが、振り返ってみれば完ミで悪かったことって私はなかったのかも。

性格的にも、家庭環境的にもあってたのかもしれません。はやいうちからスケジュールが決められたり、量が明確に把握できるとか、どこでもあげられるとか。たぶん次の子ができても同じ時期に完ミにすると思います。夫ともすでに合意済み(笑)

私がこんなに育児を楽しめたのは自分にあう授乳法を選べたからだと思います。授乳は最低でも一年続く、赤ちゃんにとっては最も大事なお世話ですよね。どのような方法でも、その家庭にとってあう方法を採用して、楽しく育児をすることが一番大事なんだろうなぁと卒ミルクして感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました