完ミなら必需品!フルフル哺乳瓶洗い

このブログに来てくださる方にはふるふる哺乳瓶洗いで検索してくださる方が結構いらっしゃいます。おでかけを頻繁にするようになってから愛用しているふるふる哺乳瓶洗いの使い方、使った感想をご紹介します。

スポンサードリンク

フルフルほ乳びん洗いとは

ふるふる哺乳瓶洗いはサンコーさんから出ている、洗剤なしで哺乳瓶が洗えちゃう便利なグッズです。ケースの大きさは6cm×10cmくらいで、乳首を洗うものもついています。持ち運びに特化した感じです。

瓶に入れてふるものは特殊なエステル繊維でできています。サンコーさんはふるふる哺乳瓶洗いだけでなく、瓶などを洗うためのものフルフルボトル洗いも出しているようです。持ち歩きケースや乳首洗いが要らないのであればこちらの方が安くて便利かも。取り出し用のチェーンがついてるので、細口の哺乳瓶の場合もこちらの使用を検討してみてください。

使い方

すばらしいのは洗剤がいらないこと。哺乳瓶を軽く水ですすぎ、10mlくらい水を入れて、ふるふる哺乳瓶洗いを入れてふります。水が多すぎると落ちが悪いです。というかまったく落ちないかも。水の抵抗が大きいのかな。

振り方をちょっと工夫するとさらに落ちやすくなります。コツは、ただ振るのではなく、汚れを落としたいところにブラシをきちんと当てることです。

側面の汚れを落としたいときは、なるべく哺乳瓶を横に倒した状態でふると、きちんと側面にブラシ部分があたるので落ちやすいです。横に倒したまましばらく振ったら側面の別の部分を下にしてまたふる感じで360度洗います。
哺乳瓶の底面は哺乳瓶の上の方を持って手首でぐるぐると回すと落ちやすいです。細身の哺乳瓶は、ブラシが十分に動かないのでもしかしたら底面の汚れが落ちにくいかも。

汚れが落ちたら水でよくすすいで終了です。消毒をしなくてよい月齢の場合はこれでもう次に使えます。心配なら哺乳瓶にお湯をかけておくといいかもですね。

ちなみにブラシの耐熱温度は80℃なので煮沸はできません。そのため、時々殺菌できる食器用洗剤で洗っています。

感想

本当によく落ちます。家用にも買おうと思ったくらいです。哺乳瓶用のブラシだとなかなか落ちないような粉ミルクの固まり汚れもしっかり落としてくれます。

洗剤持って、ブラシ持ってと考えるとお出掛けが面倒になりますが、これを持っていれば哺乳瓶も一本でいいし、洗浄用の道具を他に持っていかなくていいので、らくちんです。

ひとつデメリットをあげるとしたら、哺乳瓶によって、特に細口のものは使いにくそうということでしょうか。入れるのはよくても少し取り出しにくいかも。また、乳首が特殊な形状だと乳首洗いが使えないかもしれません。

デメリットもありますが、とても便利です。ミルクが終わったら家用のびん洗いにします(笑)完ミの方はぜひ購入を考えてみてください♪

 サンコー フルフルほ乳びん洗い

 サンコー フルフルほ乳びん洗い
価格:780円(税込、送料別)

コメント

  1. ちょよび より:

    便利なもの、あるんですね!
    ミルクの脂分なんかも、水だけで落ちるんですか?

    • ふーまん より:

      コメントありがとうございます!
      本当に便利ですよ~☆
      ミルクについてですが、まず溶け残りはちゃんと使えば水だけでしっかり落ちます。また、哺乳瓶に脂分が残っている感じもしないので、ちゃんと落ちてるんじゃないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました