子連れで初海外!シンガポール⑦感想

もともと旅行が大好きだった私、妊娠してからまったく海外にいっておらず、ついに我慢ができなくなったので、年末をシンガポールで過ごすことにしました。
帰りの飛行機に続き、今回は感想です。

スポンサードリンク

飛行機

今回はJAL便を選びましたが、サービスがとても良かったです。他の航空会社を使ったことがないので比較はできないですが、間違いなくおすすめできます。料金も私が予約したときはシンガポール航空やキャセイパシフィックなんかより安かったです。

行きは夕方便、帰りは深夜便でしたが、シンガポールは時差もないので、普段の様子を見て、結構寝る子なら夜便、夜騒いじゃう子なら昼間便を選べばいいのかなぁと思います。

気候

今回は年末だったので、シンガポールでは雨季にあたります。運が良かったのかはわからないですが、あまり雨に見舞われることなく過ごすことができました。体感的には東京の真夏よりは過ごしやすいです。

ただ日差しが強いので、雨季だからといって油断せず、日焼け止めや冷えピタなど、念のための日差し、暑さ対策もしていった方がいいです。日差しが出るといたいくらいです。ベビーカーなら雨よけなど、晴雨両方の準備をしていきましょう!

観光地

今回は動物園やユニバーサルスタジオといったシンガポールの有名な(お金がかかるともいうw)観光地にはほとんど行かずでしたが、十分に楽しめました。

街歩きなら、施設の待ち時間とかを考えなくてもいいし、街中なら何でもあるので、0~1歳なら街歩き+ホテルでも十分かもです。特に買い物、食べ物に期待している方はぜひ町歩きを楽しんでください♪自分で動けるようになったらアミューズメント施設にどっぷりつかりたいですね~☆

移動手段

シンガポールではほぼすべてMRTを使いましたが、とっても快適でした!タクシーが安くて便利と聞いていたのですが、ベビーカー畳んだりが面倒で…MRTではベビーカーを畳むことは一回もなかったです。日本の地下鉄のように混んでることもなかったし、エレベーターもちゃんとあります。清潔で正確なので、近くを回る場合はMRTを使うといいと思います。安いしね。

ちなみにニュートン駅ののりかえは改札外のりかえでなんと2回分お金がかかるので要注意です。。。日本の地下鉄システムはすごい。

赤ちゃん用施設

シンガポールは本当にショッピングセンター天国です!中心部なら1駅1ショッピングセンターレベルです。

ショッピングセンターにはほぼ確実にベビールームがありました。おむつがえは困りませんし、ミルク用のお湯ももらえるところが多かったです。街中にいるなら1回分のお湯くらいでもいいかも。ミルクのスティックは見当たらなかったので、持ち込むといいと思います。おむつは日本と同じ、ムーニーやメリーズをちょいちょい見かけました(高いけど)。

食べ物

一歳ちょっとの我が子の場合、大人からの取り分けはなかなか難しかったです。味が濃かったり香辛料が強かったり。離乳食は持ち込んだ方が安心かなーと思います。特に離乳食が進んだ子用のベビーフードはあまり見かけませんでした。

パン屋が多いので、パン屋さんの甘くないものをあげたり、果物がOKなら、フードコートによくフルーツスタンドがあるので、利用するといいと思います。我が子もすいかやメロンをばくばく食べてましたw

わたしたちも甘いものを存分にエンジョイ♪

赤ちゃん用グッズ

スーパーに行くと、日本のメーカーの赤ちゃんグッズがたくさんありました。歯ブラシや哺乳瓶などなど。おむつもあるので、足りなくても買えます。ショッピングセンターも多いので、洋服もまず心配ないと思います。ユニクロとかもあります。

ただ、ミルクと離乳食は日本製品みあたらず…後者2つはちゃんと用意していくことをおすすめします。

今回の旅行は本当に気が楽でした。日本に比べて子供がいることを受け入れてくれる感じがして安心して過ごせました。

電車にのってもご飯を食べててもあやされまくる(笑)ドアも開けて待っていてくれたり。

マレーシア行き帰りのバスのみ、混んでいたのでベビーカーを畳むように指示されましたが、あわせて運転手さんが運転席後ろの席の人に席を変わるように指示していました。座っていた方も当たり前のように変わってくださいました。これが当たり前なんだろうなーといい意味でびっくりしました。

もちろんドレスコードがあるようなレストランなどに行かなかったせいもあるかもしれませんが、日本よりもずっと子供と一緒にいて居心地が良かったです。こっちで子育てしてみたい!

まとめ

シンガポールはハード面でもソフト面でも子供に優しい場所でした!日本と同じように、回りにきちんと気を配れば全く問題ないです。治安もいいので、ぜひぜひ子供と一緒に旅行してみてほしいです☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました