名前つけに便利!マスキングテープの意外な使い道

保育園に入ると絶対に必要になる名前書き…面倒なのもありますが、個人的には洋服に名前を書くっていうのがなんとなく嫌でした。お下がりとかに使いにくくなっちゃいます。
そこで我が家で使っているのはマスキングテープ!

スポンサードリンク

マスキングテープって?

ご存じの方も多いと思いますが、かわいい柄がたくさんある、デコレーションに使えるテープです。ただ、名前がマスキングというだけあって、もともとは工業分野で塗装時に塗りたくない部分をカバーするために使われていたようです。
ということは、水なんかにも強い!

マスキングテープを名前つけに使ってみよう!

水に強いので、洗濯しても大丈夫。我が家ではこんな感じに名前をつけています。
※タグのない靴下やガーゼにはつけられません…

1.マスキングテープを切る

タグの幅+5mmくらいの長さにします。

2.マスキングテープをタグに貼りつける

端を折り込むように貼り付けます。そのまま折らずにぴたっとはるだけだとすぐ剥がれます。また、タグの根元に近い方に貼ったほうが剥がれにくいです。
折り込むように

3.マスキングテープの上に名前を書く

あたりまえですが、油性ペンで書いてください。

使っている感想

名前を直接書くより手間はかかっちゃいますが、洋服を着なくなったらシールをタグからはがすだけなので安心して名前がかけます。いつも同じテープを使えば、先生や名前が読めないお子さんでも、自分のということがわかりやすいかも?

使うテープの量ですが、入園して半年ちょっと、未だに一巻き使いきれてません。半分も使ってません。洋服だけでなく、ハサミとか道具類にも使うようになったらもうちょっと減りがはやくなるかもですね。

はがれないのー?ということですが、意外にはがれません!一週間に一枚剥がれるか剥がれないか(笑)剥がれたときは洗濯のときにくるんと丸まったテープがでてくる(ティッシュみたいな悲惨なことにはなりません!)ので、あ、なんかはがれたなーとわかります。

下の子やお友だちにお下がりを回したい人、オークションやフリマなどにお洋服を出したい方はぜひお試しください☆

コメント

  1. 酒井麻里子 より:

    突然のご連絡失礼いたします。
    ライターの酒井と申します。

    ある子育て雑誌にて、ワーキングマザーをご紹介する企画を担当しております。
    幅広く情報発信されている、ふーまん様のブログを拝見して、ぜひ今回の企画にご参加いただければと思い、ご連絡させていただきました。

    コメント欄では詳細をお伝えできないため、もしご興味がありましたらメールにてお返事いただければ幸いです。
    突然のお願いで申し訳ございませんが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

    P.S.マスキングテープの名前ラベル、かわいくて良いアイデアですね(^^)

タイトルとURLをコピーしました