初時差!2歳のヨーロッパ3か国周遊旅行①準備編

おでかけ

我が家は毎年9月に夏休みをとっているのですが、今年もやっぱりシルバーウィークにお休みをとりました。シンガポール(+マレーシア)、カナダときて今年はついにヨーロッパへ足をのばしてきました!

スポンサードリンク

2歳の夏、どこにいく?

去年念願かなってカナダでオーロラを見てきました。今行きたいところはどこだろう・・・と考えた時、衛生面、食事面で2歳をつれていけそうなところが少ない・・・(ペルーとかモロッコとか少しハードルが高い)。候補としては他にフロリダのディズニーワールド+クルーズ、メキシコのカンクン、オーストラリアのケアンズが挙がったのですが、しばらくヨーロッパに行っていないこともあり、行ってみたいなぁと思っていたクロアチアに決めました!ヨーロッパなら衛生面、食事面、医療面でもあまり心配なさそうですしね。

クロアチアの中でもスプリットやフヴァルなど行ってみたいところはたくさんあったのですが、あまり移動が多いと疲れるので、今回はザグレブとドゥブロブニクの2か所に絞りました(結局ヘルシンキとリュブリャナに寄ったので変わりないともいう…)。

手配は早めに

クロアチアは南北に長く、ツアーは団体でも個人でもバス移動が多くなる+見るところが多く忙しそう+私たちはそこまで歴史的な美術品を見たいわけではない(笑)ということで、ツアーはやめました。もう少し大きくなったら団体ツアーとかでがっつり説明してもらうのもいいけれど、まだまだ耐えられなさそうなので今回も個人手配です。

クロアチアは日本ではそこまでメジャーではないのですが、欧米の人にとっては有数の観光地、かつ9月は8月までいかなくても、観光シーズンで混む可能性があるということで早めに手配をしました。6月には航空券とホテルの手配を完了しています。

航空券、電車

毎度おなじみスカイスキャナーで検索(後から調べてみるとGoogleフライトがなかなか便利・・・今後からそっちにしようかな)。クロアチアは日本からの直行便がないので、乗り継ぎになります。我が家はJALマイラーなので、JAL、ワンワールドグループのブリティッシュエアウェイズ、フィンエアー、アライアンス外ですがJALマイルがたまるエミレーツ、エールフランスが候補になりました。


この中で値段と時間などを勘案してヘルシンキ経由のフィンエアーに決定しました。ヘルシンキはヨーロッパで一番日本に近いので、行きでも10時間半、帰りは9時間のフライトになります。ヘルシンキからは1番目の目的地ドゥブロブニクへ飛びます。クロアチア国内はワンワールドでは移動できなかったので(バスもありますが子供と一緒に10時間のバスはちょっと・・・)、クロアチア航空で別途手配。ザグレブからヘルシンキに飛ぶことも考えたのですが、スロヴェニアもちょっと行ってみたい、かつスロヴェニアからヘルシンキに飛んだ方が安いということで、スロヴェニアのリュブリャナからヘルシンキに飛ぶことにしました。ザグレブからスロヴェニアの首都リュブリャナまではバスもありますが、車窓がきれいと聞いて電車移動にしました。予定が決まっているのであれば、ヨーロッパ内の特急チケットを予約+日本で受け取りまでできちゃうレールヨーロッパがおすすめです。


まとめるとこんな感じ。どうやらヘルシンキからドゥブロヴニク、リュブリャナからヘルシンキは常にある便ではないようです。

成田
↓ AY74
ヘルシンキ(1泊)
↓AY181
ドゥブロブニク(3泊)
↓OU667
ザグレブ(3泊)
↓(電車)
リュブリャナ(1泊)
↓AY724
ヘルシンキ(1泊)
↓AY73
成田

長時間フライトの前後に乗り継ぎがあると大変なので、行きも帰りもヘルシンキで1泊することにしました(ヘルシンキも観光してみたいし!笑)ということで9泊11日の長ーい旅行になりました。

ホテル

ホテルはすべてExpediaで予約しています。

ヘルシンキ

ヘルシンキは行きも帰りもとにかく空港に近いところを第一にしました。というのも、ヘルシンキ→ドゥブロブニクのフライトが朝7時半と早いのと、リュブリャナ→ヘルシンキのフライト到着が23時と遅いためです。クロアチアはEUですが、シェンゲン協定(EUに一度入ればその後のパスポートコントロールがなくなるもの)に入っていないため、出国に時間がかかりそうなのでおそらく5時半ごろには空港に行く必要があります。ということで行きはヒルトン、帰りはGlo hotelを予約しました。ヴァンター空港は空港のなかに2つもホテルがあるんですね~。行きかえりで違うのは単純に価格です。シンガポール、バンクーバーといずれも空港内のホテルに泊まりましたが、とっても快適だったので今回も期待です。

クロアチア

ドゥブロブニクとザグレブは3泊ずつ泊まりました。今回の旅行は長いので、キッチン付きのホテルを探したところ、ザクザク出てきました。むしろ安くておしゃれなホテルはそんな感じ。いわゆるアパートメントというタイプです。

ドゥブロブニクはHouse Tereza、ザグレブはPraska 8 by Zigzag Zagrebを予約しました。いずれも街の中心に立地しており、観光地に歩いて行ける便利な立地。近くに大型スーパーとコインランドリーもあります。

ドゥブロブニクはリゾートホテルや安いアパートメントがラパッド地区という、観光地である旧市街からは少し離れたところにあるため、車を借りていない場合は旧市街に宿を置いた方が便利かと思います。うちの場合、娘が昼寝してしまい、宿に帰ってくるということも多かったです。

スロヴェニア

スロベニアは1泊するかどうかそもそも迷った(リュブリャナは小さい町らしい)のですが、電車の時間の関係上、1泊したほうがよいと判断。ホテルをとりました。ザグレブからリュブリャナへの電車は1日3本くらいしかないんですよね。10分に1本のぞみが出てる東海道新幹線やばいわ。中央駅からほど近い、Central Hotelを予約しました。

その他

プリトビッチェは現地ツアーを申し込むか迷った結果、やめました。やっぱり団体行動についていけるかわからなかったためです。天気も直前まで見極めたいし、8月と違って9月なら多少空くかなぁと楽観的な気持ちでいたのもあります・・・(18日の時点でかなり空いたとの情報を事前に得ていました)

また、保険に関しては今回も娘の分だけ損保ジャパンのOffで申し込みをしました。我が家の保険の選び方はシンガポール旅行の時の準備を参考にしていただければと思います。

荷物

今回悩んだのが荷物です。①ベビーカーを持っていくか?②洋服はどうするか?③飛行機の中の暇つぶしをどうするか?がメインの悩みです。

料理関係の持ち物に関してはカナダに行ったときとほとんど変えていません。今回は地中海に行くのでトマトを意識してケチャップ追加してます(笑)

また、今回はプリトヴィッツェ湖畔群を見に行くので、リュックで行きました。リュックはマリメッコのBuddyです。付属のカラビナとラッピング用の針金を使って即席防犯対策しました。Buddyは背中のところにセキュリティポケットが着いているので、ここにクレジットカード入れて支払ってました。とっても便利!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント最大31倍】国内正規品 マリメッコ marimekko BUDDY ブディー バディー リュック バックパック・26994 (ユニセックス)【送料無料】【クーポン対象外】

価格:21600円(税込、送料無料) (2017/9/16時点)

①ベビーカーを持っていくか?

これは完全に夫と意見が割れました。抱っこでいいじゃんという夫と、持っていこうという私。最近娘は歩くのを嫌がるので、抱っこしなくてはいけない状況が目に見えているし、時差ボケでお昼寝もするだろうからできればベビーカーは持っていきたい。一方荷物が重いのは嫌、石畳あるじゃんということでもっていきたくない夫。

結局持っていきませんでした。代わりに抱っこひもとしてベビービョルンONEを持参(もう普通のONEは売ってないのかな・・・)。一応100cm、15kgまで対応なので、まだまだいけます。娘も大の抱っこひも好きなので、久々の抱っこひもに嬉しそうですが、90cm、14kgの娘はだいぶきつそうな上に重い。しかし抱っこひもは雨の日の観光に活躍しました。

ドゥブロヴニクとプリトヴィッツェに関しては持っていかなくて正解でした。階段が多すぎてベビーカーは邪魔にしかならなかったかと。ザグレブ、リュブリャナ、ヘルシンキはあったら便利かなぁと思います。特にヘルシンキはどこでもスロープやエレベーターがあるので、ベビーカーでも困ることが全然ないと思います。

②洋服はどうするか?

クロアチアは日本と同様、南北に長いため、9月後半となると結構場所によって気候が異なるようです。暑いドゥブロブニクと夜になるとコートが必要になるザグレブ、プリトビッチェ、ヘルシンキ・・・

半そで、長そでを4枚ずつくらいと長そでカーディガン、ユニクロのウルトラライトダウンを準備。さらに半ズボンを2枚、長ズボンを4枚。女の子はワンピースがあるので便利ですね。10日間の旅行なので、2回くらいは洗濯する想定です。親の服も上記に準じて準備しました。足りなくなったら買えばいいしということで。

ちなみにトイレトレーニングが終わったとは言え、ただでさえヨーロッパはトイレが少ないし、プリトビッチェに行くときは不安があるため、おむつも10枚くらい準備していきました。お土産の割れ物包めるし(笑)

③飛行機の中の暇つぶしをどうするか?

これはいやいや期に特に必要かと思うのですが、飛行機の中の暇つぶしをどうするかがかなりの悩みでした。去年カナダに行ったときは時間的に飛行機で寝てくれそうだったし、私たちが相手をしていれば何もなくても特に騒ぐことはなかったのですが、今の娘は暇だとかなりぎゃんぎゃんうるさくなるので、考えなくてはいけない大きな問題です・・・今回は長距離の電車やバス移動もありますし。ということで今回はいろいろ対策グッズを持っていきました。詳細は別記事にしています。

時差対策

シンガポールは時差1時間だけ、カナダはオーロラを見るため時差を直さずに行ったので、初めて時差ボケ対策が必要になりました。が、結局時差対策できずに終わりました・・・ヨーロッパに行くときは時差ボケ少ないっていうし・・・最悪お昼寝すればいいし・・・

本当は数日前からだんだんと生活リズムを後ろに倒し、出発日も朝ゆーーーっくり寝かせて、飛行機では少しお昼寝、あとはがんばって起こして、ヘルシンキについたら現地の夜時間に寝かせるというのが理想。しかし現実問題、出発前は保育園があるし、AY74は成田発が11時のため、朝早く起きざるを得ず。出発日はなるべく早く起こして空港でガンガン遊ばせて、飛行機でがっつり寝かせる作戦で行くことにしました。日本に帰ってからの時差については考えないことにしました。。。現実逃避。。。

まとめ

なんやかんやぶっつけ本番的な感じになってしまいましたが、ヨーロッパだしなんとかなるだろう、という感じでゆるゆる準備になってしまいました。それでいってきますー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました