二人目 完ミのスケジュール生後1ヶ月

1人目の時の完ミのスケジュールを公開したところ、意外とみなさん参考にしてくださったようなので、二人目も公開!今回は生後1ヶ月です。

スポンサードリンク

二人目の完ミ育児

私は一人目も完ミで育てたのですが、今ふりかえってみると、結構スケジュールが違う…かなり飲みたがりの上の子とそうでもない下の子。手探りの上の子と、完ミ育児の経験がある下の子。どっちが正解というわけでもなく、いろいろあって良いってことですね♪

ただ今回の方が楽だったのは確か…(笑)授乳量をおさえて回数を増やしたというのが大きいです。ちなみに一人目のスケジュールはこちらです。

生後1ヶ月の授乳量

上の子はかなり飲むタイプで、飲み終わるたびにギャン泣きだったのですが、下の子は標準というか、ミルクがなくなればそれでおしまいにできるというタイプなので私の精神面はかなり楽です笑 そのため、ミルクを増やすタイミングは缶の記載を目安にしています。

授乳回数ははじめ1日7回、途中から夜のミルクが一回減って、1日6回になりました。
量については一日トータルの量で考えています。我が家が使っているすこやかM1の標準使用量は以下の通りです。授乳回数はあくまで目安で、授乳回数×一回量=一日トータル量が生後月齢を超えないようにしています。

1ヶ月の最大の量は140ml×6=840mlなので、ミルクが7回のときは840÷7で、一回最大120mlとしていました。その後1日6回が安定したタイミングで夜のミルクから140mlに徐々に増量しました。

上の子のときは、一ヶ月で1日6回の授乳回数にこだわっていたため、日中の授乳間隔が4時間とかなり長くつらかった…今回は1回の量をおさえて回数を増やしたので、かなり楽でした!

生後1ヶ月のスケジュール

我が家の場合の第一優先は夜寝てくれること、昼夜の区別を早いところつけてもらうことです。昼の大変さは多少受け入れます(笑)ということで、娘の時と同じくルールを作っています。

  1. 朝は7時頃起こす
  2. 夜は7時ちょっと前にお風呂にいれて、ミルクを飲ませて8時頃寝かせる
  3. 昼間は明るい部屋に居させる

ルール一つめは上の子がそれはもう徹底してくれています…6時頃から起こそうとするから困る…保育園に行き始めたら朝は一時間前倒し、夜は7時から8時に一時間後ろ倒しの予定だったのですが、夜の授乳のあと、すぐに寝かせようとするとものすごく子供がぐずり、不毛なことになっていました。30分くらい絵本を読んだりしてからベッドにおくとすんなりねてくれたので、今は8時頃寝かしています。授乳と睡眠はわけておいたほうがのちのちミルクの後に歯磨きしたりするのが楽なので、ラッキーと思っています。

生後1ヶ月については後半で夜が一回抜けた分、授乳回数が7回から6回に変化しています。

7:00 起こす、着替えさせる、ミルク120ml→140ml
|
|
|
10:00 ミルク120ml→140ml
|
|
|
13:00 ミルク120ml→140ml
|
|
|
16:00 ミルク120ml→140ml
|
|
|
18:40 お風呂
19:15 ミルク120ml→140ml
20:00 ベッドにつれていく
|
睡眠
|
1:00 ミルク120ml→140ml
|
睡眠
|
4:00 ミルク120ml→140ml
|
睡眠
|

夜は基本間は全部寝ていましたが、0ヶ月に引き続き昼間は寝たり起きたりです。朝寝はほぼ八時半頃からしていたかなと思います。昼は寝る時間、起きる時間はまったくばらばら。抱っこひもでないとほぼ寝ませんでした。

夜について、うちの子は寝はじめると一旦長く寝るのか、夜のミルクは後半1時が抜けた感じで、4時は2ヶ月でも基本動いていません。上の子は徐々に長く寝る感じだったので、面白いなぁと。

ちなみに上記の時間きっちりなんてありえず、前15分、後ろ1時間くらいは平気でずれます。ミルクは3時間あける、ということですが、我が家は2時間あければいいでしょ、という緩い感じであげていました。ただ1日トータル量を守るとなると、2時間であげた場合後ろがどんどんつらくなるため、実際はスケジュールよりも長く寝すぎて後ろのミルクが近くなった場合にしか2時間間隔であげるということはないです。

寝かしつけ

この頃の寝かしつけは昼はだっこ、夜はおくるみでした。上の子もですが、抱っこひもにいれるとかなり長く寝てくれるので(逆にだっこしてないと昼は寝ない…)、この頃はとにかく外に出てカフェめぐりばっかりしてました。朝寝を長くしていたので、朝、上の子を送ってからいそいそでかけてました(笑)

おくるみは上の子はまっっったく効かず、もてあましていたのですが、下の子はおくるみ大好きで、私のだっこでは寝ないけれどおくるみならすやすや寝るという…手足がはんぱなくバタバタする子なので、くるんであげたほうが刺激が減って落ち着くようです。くるみかたはお雛巻きではなく、手の部分だけくるんで足は出すというやりかたです。お雛巻きが難しく、試しに手だけくるんでみたら寝たので、お雛巻きマスターは諦めました(笑)夏生まれなので暑いかなーと思ったのですが、クーラー効かせてるので大丈夫みたいです。

おくるみはaden and anaisのモスリンコットンのものを使っています。おくるみ、ブランケット、日よけ、バスタオルとなんでも使えるのでかれこれ7枚も所有してます(笑)


☆ランキング参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログ ミルク育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です