二人目妊娠中にDダイマーがどんどん上がったはなし

流産から一年、無事に二人目を出産することができました。ただ流産のときにあった検査値異常が今回も尾を引くことに…記録として残しておきます。

スポンサードリンク

Dダイマー高値

昨年流産した際の臨床検査で、Dダイマーがものすごく高い(基準は1未満なのに9くらいまで上がった)ことが指摘されました。Dダイマーが高いと血栓ができている可能性があるということで下肢静脈エコーもしましたが、血栓はなし。流産手術から一ヶ月位して再検査をしましたが、そのときは基準値以下に下がっていたので、結局Dダイマーが高かった原因は不明でした。

妊娠期間に渡ってモニタリング

Dダイマーは通常の妊婦検診では測定を行いません。念のため今回の妊娠初期に、流産時Dダイマーが高かったことを伝えたところ、今回の妊娠期間中もモニタリングしていくことに。

早速初回の採血で基準値の1をこえてる…ただ、妊娠中は一般的に高くなりやすいため、通常の基準値は採用しないとのこと。私のいっている産院(クリニックではなく、中規模の病院です)では10を越えたら大学病院に転院ということだったので、とりあえず継続モニタリングになりました。よく水分をとって足をよく動かしてね!とのこと。

月1くらいで測定を行ったところ、上昇はしているものの、妊娠9ヶ月までは7くらいまでに収まっていました。何回か下肢静脈エコーもしましたが異常なし。

これなら出産まで10で収まるだろうなと安心していたら、37週の検査でなんと一気に10.1まで上がっている!転院か~~と思っていたら、赤ちゃんは2900gくらいあり、子宮口が2cm開いている、赤ちゃんも下がってきてるということで四日後に誘発しちゃいましょうということになりました。誘発の理由は「血栓症の可能性があるため」ということです。

初の誘発分娩

転院しないで済むのは本当によかったのですが、前回は自然分娩でなんの処置もしなかったので、ラミナリアと誘発剤にびびりまくり。誘発が決まってからの4日間はとにかく検索魔になっていました。

実際のところ、ラミナリア12本いれましたがまったく痛くなかったです。失神するとか言われてたので、もう終わっちゃったのかぁという感じ。

入院日の夜にラミナリアをいれて2時間後には陣痛が始まり、さらに2時間位して破水、そのまま誘発剤を使わず分娩となりました。誘発剤をいれるのは入院2日めの朝予定で、夫はそのときから立ち会う予定だったのですが、その前に出産してしまったので、まったく間に合わず。朝起きてLINEで出産を知ることとなりました。上の子もぐっすり寝てるのでしょうがない(笑)

Dダイマーその後

産後に検査をしたところ、Dダイマーはすっかり下がっていました。なんだったんだろう…一人めのときは逆に血小板が下がって血が固まりにくい状態になっていたのでほんとに不思議。子供を今後産む予定はないのでもう心配することもないのですが、上がりやすい体質なのかもと思って注意しておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました