二人目も完全ミルクを選択した理由

二人目である長男が生まれました!一人目のときはぐるぐる迷っていた授乳スタイルですが、今回は迷うことなく完全ミルクを選択。その理由についてです。

スポンサードリンク

1人目のときのもやもや

授乳をどうするか、ということはほとんどすべてのママにとって悩みになっているのではないかと思います。私も例外なく、一人目のときは本当にぐずぐず悩みました。結果として1人目は完ミで育てています

完ミにした理由は以下の5つです。

  1. 母乳が出ない(と感じていた?)上に、子供がよく飲む子だった
  2. 保育園入園が比較的早く予定されていた
  3. 早めに生活リズムをつけたかった(私が寝たい)
  4. 混合は太りすぎるのではないかと不安
  5. 授乳に時間をとられるのが自分だけというのが嫌だった

今考えてみてもなんとなく納得してしまう自分。

現在上の子は4才になりましたが、完ミで育てたことに全く後悔はありません。むしろ良かったと思うことばかり。ちなみに上の子の体形は標準ど真ん中、クラス全員がインフルに倒れてもインフルにかからなかった超健康体です。統計的に見れば母乳のほうがいいのかもしれないのですが、一人一人をみると母乳とミルクで差を感じることはないんじゃないかなぁと感じています。

2人目をミルクで育てようと思った理由

2人目が生まれる前から夫と今回もミルクで育てようと決めていました。理由は以下の3つです。病気などで母乳を上げられない状況の方にとってはあほみたいな理由かもしれませんが、私にとっては完ミを選択する十分な理由です。

その一番の理由は私の仕事復帰です。今回は産後2カ月くらいで復帰するため、つらい思いをして母乳育児を軌道に乗せる努力をする必要はなさそう、哺乳瓶を受け付けなくなったら本当に困るということが第一の理由です。

これだけで最初から決めていたミルク育児ですが、入院中にもう一つミルク育児の後押しをする出来事がありました。上の子は4才で、周りの人からは聞き分けがいいでしょう、と言われるのですが、入院中母乳を上げていたらそんな娘がものすごい怒りだしたのです。やっぱり親を取られるという感覚があるんだなと思いました。もともとミルク上等♪と思っていた私なので、娘に嫌な思いをさせてまで母乳をあげるという選択はできませんでした。

最後にこれは振り返ってみて、という感じでもあるのですが、自分の中で何となく一人目のトラウマみたいなのがあったな・・・と。一人目の時、母乳を吸わせるのが下手でとにかく切れて痛かった、なかなか母乳がでなくてつらかったという嫌な思い出しかないのです。母乳あげられて幸せ!みたいなハッピーな気持ちが思い出せない。。。今度はそのつらさを経験したくないという意識が結構影響を与えていたのかなと思っています。

娘のときの記録を振り返ってみたら、生後2~3週間くらいで完ミに移行していたので、今回もそのあたりで完ミに移行することにしました。

完ミに移行するまでの状況

前回は全くでなかった(と思われる)母乳ですが、2人目では結構出ていました。出産後4日で退院しましたが、退院時には合計10分吸わせて30mL以上は出ていたようです。退院後も搾乳すると100mL近く出ていたので、頑張れば完母にもできたかもしれません(上の子に比べて下の子は飲む量が少なめというのもあり)。

入院中は病院の方針に従い、直母→ミルクを足すということをしていました。退院後は胸が張ったり、熱を持ってきたときに搾乳をし、それを後で飲ませるという形で混合を続けていました。搾乳のストックがない時はミルクです。搾乳で出るところまでは母乳を続けたところ、生後3週間くらいでストックを作れるほどの母乳が出なくなり、完ミに移行しました。トラブルなく移行できてよかった!

これからまた授乳間隔を3時間あける戦いが始まりますが、夫、娘が一緒にお世話してくれるのであまり憂鬱になっていません。むしろ二人が楽しそうにミルクを上げてくれるのがうれしい。これからの完ミ生活が楽しみです♪

搾乳機はこちらを使っていました。電動より手軽に使える、歩き回りながらでも使える(笑)ので便利でした。短期間なら手動でいいかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました