予定はGoogleカレンダーで共有!共働きスケジュール管理

我が家はラッキーなことに夫婦ともに職場環境がよく、フルタイムのまま週2~3回ずつ交代で送りと迎えをしています。朝私が子供を送ったら夜は夫が迎えにいくという感じです。そうなってくると大事なのが両者の予定の管理です。迎えにいけないとか言語道断ですからね…

スポンサードリンク

Googleカレンダー使ってます

ということで我が家はGoogleカレンダーを両者で共有しています。

わたしのアカウントで共通のカレンダーを作り、そこに二人で予定を書き込むという方法。

Googleカレンダーの設定は簡単で、Googleカレンダーのページから共有用のカレンダーを追加した後、共有したいカレンダーの横の▽をクリック→このカレンダーを共有→権限の情報のところに相手のアドレスを入れて、権限を変更および共有の管理権限にするだけです。たぶん変更の権利だけでもいけると思います。相手のアドレスに確認メールが飛ぶので、それを承認します。

image

あとはスマホやパソコンからGoogleカレンダーを確認、更新するだけ。我が家は二人ともAndroidスマホなので、ジョルテというカレンダーアプリを使って確認、更新をしています。

運用方法

設定したあとの運用はこんな感じです。

①日曜日に一週間の予定を確認

我が家の場合は送り迎えが不定期なので、一週間が始まる前に必ずカレンダーを見ながらその週の予定を確認して送り迎えの調整をします。月トータルで送り迎えの回数がそれぞれ半々になるように調整します。もちろんお互いの合意があれば複数月にまたがることも。それは臨機応変に対応しています。

また、土日も子供を置いて出かけるならそれも半々くらいになるようにします。次の土日の予定も一緒に確認するので、遊びにいく予定も前もってたてられて意外と楽しいです。もっぱら食べる予定ばっかりだけど(笑)

②お互いに関係しそうな予定は仮の時点で全部いれる

土日平日問わず、全部いれています。出張が入りそうなことがわかった段階で仮 出張といれるし、会議で迎えにいけない日は迎え不可、友達とご飯ならそれもいれます。土日なら子供を連れていくかどうかも入れます。

ポイントは確認するのが面倒になるので、時間以外は全部用件のところにいれることです。出張なら送りはだめかどうかとかも全て書いておかないと開かないと確認できないので面倒です。

③予定をいれるときは必ずカレンダーを確認する

夕方の会議や出張、土日に子供を置いていかないといけない予定をいれる場合は必ずカレンダーを確認します。

その時点で相手が予定をいれていたら、その予定は保留して、予定を調整できるなら調整し、できないなら相手と交渉します。ここはある意味早い者勝ちなので、②の予定入力もお互いにかなりきっちりやってます(笑)

④大事な予定はカレンダーに入れるだけでなく、口頭でも確認する

絶対にはずせない出張や会議、結婚式などの予定は必ず口頭でも確認します。カレンダーで共有しつつも、直接コミュニケーションした方がより頭に残るし、相手もこれは大事!と思ってくれるので。

まとめ

Googleカレンダーで共有するとお互いにいつでも予定を確認できるのでとても便利です。我が家の予定調整には必須。でもそれだけではなくて、普段の生活でお互いのスケジュールについてこまめに情報交換することが大事だなぁとも感じています。仕事が今大変!とかもわかると思いやりにつながりますしね。ちなみにハーゲンダッツの発売日もいれてます(笑)ある種のコミュニケーションツールかも。

送り迎えが固定されてる場合にも、土日予定出張の予定の共有から始めてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました