両親への内祝いにおすすめ!赤ちゃんと一緒に近場旅行にいこう!

赤ちゃんが生まれるといろんなところからお祝いをいただけますよね♪嬉しいのですが困るのが内祝い…友人や職場の人はいろいろ候補が上がったのですが、一番困ったのが祖父母である両親!私側の両親からたくさんもらったはいいものの、物はいらないとか、金額的にも釣り合うようなお祝いがなく、とても困りました。じゃあ物より思い出だ!ということで、赤ちゃんとの初旅行をプレゼントしました。旅行といっても近場のホテルステイですが、とても好評だったのでご紹介です。

スポンサードリンク

いつお泊まりに?

3ヶ月のはじめに泊まりにいきました。両親の実家にも泊まったことはなかったので、はじめてのお泊まりです。
この時期でよかったなーと思った理由が3つ。

1.離乳食が始まっていない

ミルクだけでいいので、ミルクとお湯さえ用意すれば大丈夫!離乳食が始まって思うのは、お出かけ先での離乳食って面倒…

2.ある程度赤ちゃんのお世話になれた

1ヶ月過ぎた頃からちょこちょこ出掛けるようになったこともあり、家以外でのお世話にもだいぶ慣れていました。お外でのぐずりにも対応できるように。

3.まだまだ夜泣きの時期でなかった

夜泣きの始まりピークは9ヶ月ということで、3ヶ月はまだまだ夜に泣くといっても、理由があって泣くことが多いと思います。延々と泣き続けることはないだろう(しかも泣き声も今に比べればだいぶ小さい)ということで安心して泊まりにいけました。

どこへお泊まりに?

私は関東に在住のため、現在改修中のホテルオークラ東京(東京ベイでないほう)に泊まりました。一休で予約!


泊まり先を選ぶにあたって、もちろんウェルカムベビーのお宿もいいのですが、もしそこでちょうどいいホテルがないなーということであれば、比較的ハイクラスのホテルを選ぶことをオススメします。

まず内祝いが目的なので両親をおもてなしできること。二つ目の理由は、ハイクラスのホテルの方が赤ちゃんへの対応に慣れていること!オークラではベビーベッドのほか、ベビーバス、おむつ用の袋など一通りのベビー用品を借りられます。レストランなどでもばっちりフォローしていただけます。やはり値段相応のサービスを受けられるのは赤ちゃん連れにとっては安心です。三つ目の理由は、安いホテルより壁が厚くて多少赤ちゃんの泣き声をブロックしてくれるのではないかという淡い期待です(笑)

月齢にもよりますが、やはり移動は一仕事なので、近場がいいのかなーと思います。

過ごし方

私たちの場合、ランチをよいところでご馳走し、夕方くらいには解散、夜は各自で過ごすことにしました。というのも、この時期は子供を7時頃に寝かすことにしていたからです。まだまだこのときはリズム重視だったので、私たちは部屋でご飯。
※参考記事→完ミのスケジュール、ミルクの量:生後3ヶ月

翌日朝はゆっくり一緒にご飯を食べて、 そのあとは父、夫はそのまま出勤(笑)、仕事が休みだった母と都内でお買い物→夕方くらいに解散という流れでした。

内祝いに旅行を贈って良かったことは?

1.両親が喜んでくれた!

普段仕事をしている両親は、生まれてからもあまりべったりすることができませんでした。2日間一緒に過ごせたのは嬉しかったようです。

また、ステキホテルのおもてなしも気に入ったようで、満足そうでした。数ヵ月後には自分達の両親(私の祖父母)も招待してました(笑)

2.自分達ものんびりできた!

ご飯は出てくるし、片付けもしなくていい、タオルもいっぱいでてくる!子供の世話しかしなくていいってなんて楽なんだー★近場なので移動疲れもないですし、私たちものんびりすることができました。

3.金額的にいい感じになった

今回は日→月で宿泊したので、比較的安く泊まれました。お昼ご飯代もいれて全部で10万円くらい。結構お祝いもらっちゃった!とか、里帰りの生活費を全部出してもらったという場合にはいいんじゃないかなー?と思います。結婚したときの内祝いも旅行にすればよかった。

もちろん両親との関係や、赤ちゃんの様子によって向き不向きがあると思います(義両親だったら難しかったかも…と少し思ったり)。内祝いに困ったときの一例として参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました