ミルク卒業までの道のり 意外とすんなりで拍子抜け?

生後一ヶ月から始めた完ミ生活。ミルク大好きな我が子なので、ミルク卒業が大変なんじゃないかと戦々恐々としていましたが、意外なくらいすんなり1才で卒業してしまいました。結構前々から計画的に慣らしていったのがよかったのかも。今回はミルク卒業までの道のりについてのエントリーです。(厳密には保育園ではしばらくフォローアップミルクを飲ませるので卒業じゃないかもですが、家ではフォロミも飲ませていません)

スポンサードリンク

生後7ヶ月、8ヶ月

マグマグストローパーツやコップパーツの対象年齢になったので、この頃から練習を始めました。

はじめはストロー使えると外出先で紙パック買って水分補給できる!便利!ということでストローでお茶を飲ませるところから始めたんですが、うんともすんとも言わず…特にマグマグのストローパーツって、親の努力で液体を出せないので、子供に頑張ってもらうしかないんですよね(笑)

なので途中でしびれを切らせて紙パック買って練習を始めるもやはりあんまり飲めるようにならず。

コップなら強制的に液体がでる(ちょ)ので、コップに切り替えました。このころから家では朝のみコップパーツでミルクを飲ませるようになりました。

まぁだらだら半分くらいはこぼしてました。飲ませるときはフェイスタオルを首に巻き付けて(美容院みたいな感じ)、洗濯ばさみで止めてました。そうすると洋服が汚れなくてよいです。

夜は離乳食を始めていなかったのでミルクのみ。このときは少しでも眠くなってほしいという希望から(笑)、哺乳瓶であげていました。

生後9ヶ月

3回食スタートで夜もごはんを食べ始めました。8ヶ月まではおふろ→ミルク→就寝の流れだったのですが、ここでご飯+ミルク→おふろ→就寝に変更しました。ご飯食べたら汚れるし、歯磨きのタイミングも面倒なので…すでに哺乳瓶でミルクのみながら寝ることもなかったので、特にスケジュール変更は問題になりませんでした。詳しくは9ヶ月の記録を見てみてください。

また、ここで途中からフォローアップに切り替えました。我が子の場合は特に味がいや!とかなかったみたいです。なんの違和感もなくごくごく。フォローアップの方がカロリーは低いので、切り替えたあとおなかが空きやすくなる子とかもいるみたいです。切り替えたあとに泣くようになったとかあればミルクに戻してみるといいかもですね。

また、9ヶ月の最後の方にためしにストローパーツでフォローアップミルクをあげてみたんですが、飲んでました。しかも高速ですぐなくなる(笑)横から出してたので、やっぱり3分の1くらいは出してた気がするんですが、ストローは使えるようです。
いまだにお茶とか水はストローだと吸おうとしないので、やる気の問題なのかも(笑)

生後10ヶ月、11ヶ月

特に変化なしです。個人的には一歳過ぎたあとも牛乳は朝飲ませよう!と勝手に思い込んでいたので、夜のミルクは離乳食をよく食べて満足そうな日はあげないこともありました。後半は完全になくなりました。また、土日のお昼も、ミルクを持っていくのが面倒なので外出時は飲ませなかったりもしました。栄養面を考えて朝だけは必ず飲ませていました。

あとは牛乳は調理に使って少しずつならしました。特にミルクスープとか。

1才お誕生日~

お誕生日ですっぱりフォローアップミルクをストップしました。缶もちょうど空になったので。

そこからはあたためた牛乳を朝飲ませています。あとはときどきお昼とかおやつのときもご飯との兼ね合いを見てあげています。

めんどくさがって普通のコップを使ったら、ごくごく飲んでくれたので、そこからはコップ飲みです。なんて楽なんだ!哺乳瓶や、マグマグを洗わなくていいのはほんとに楽です。ストローよりコップ飲みの練習をすることをおすすめします(笑)

まとめ

我が子の場合は、マグマグストロー→マグマグコップ→マグマグストロー→普通のコップと、だんだんと慣らし、哺乳瓶への執着を段階的になくすことを重視したのでスムーズに卒ミできたのかもしれません。ストローやコップは最初からうまくは使えません。哺乳瓶といったりきたりしながら徐々に切り替えていくといいと思います。

ミルクについてはフォローアップを飲ませなくてもミルク→牛乳でも全然問題ないと思います。牛乳は料理で慣らしておくと飲用としてもあまり抵抗なく受け入れてくれるかもしれません。あとはミルクに少しずつ牛乳を混ぜるとか。

母乳に比べて卒ミはあまり大変ではないかもしれないですが、参考になれば嬉しいです。

ストローの練習にはリッチェルのマグがいいらしい!スイッチひとつで液体がでるとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました