フリージングしない離乳食のススメ

離乳食って作るの大変ですよね。柔らかく煮たり、すったり小さく切ったり手間がかかります。なのでフリージングを活用されている方が多いと思います。フリージング離乳食の本もたくさん出ています。

私も初期の頃はフリージングをしていたのですが、離乳食が進むにつれて冷凍するものが減っていきました。今では作ったパンくらいです。その理由についてのエントリーです。

スポンサードリンク

フリージングをやめたわけ

フリージングをやめたのは他でもなく、面倒くさいからです。作りたてをあげたいとかそのような理由ではありません。一週間分作りおきできるママを本当に尊敬します。

フリージング離乳食を実践するためには

  1. 前もって一週間の離乳食の予定をたてる
  2. 食事の準備とは別に一度に大量の食材を処理する時間をとる
  3. 冷凍したものを衛生的にパックする
  4. 冷凍したものの在庫管理をする

という4段階が必要になります。これってすごいです。

1.前もって一週間の離乳食の予定をたてる

これをやっておかないと、いざあげるときに食べさせるものがない!!とかもありそうです。予定をたてるのも一苦労じゃないでしょうか?一時期、一週間分の献立を立てていたのですが、あっという間に予定がずれて意味のないものになってしまいました…

2.食事の準備とは別に一度に大量の食材を処理する時間をとる

休日とかに大量の処理するの大変です。朝昼晩ご飯をつくる+離乳食の準備というのはなかなかつらいです。休みたいのにーー遊びたいのにーーとなってしまいました。

3.冷凍したものを衛生的にパックする

これが一番の懸念でした。ずぼらな私は加熱しておけばまあ平気でしょ♪という信念のもと料理をしてきたので、一度に冷まして冷凍することをきれいな状態で行える自信がありませんでした。特に夏は怖いです。

4.冷凍したものの在庫管理をする

だいたい一週間で使いきるようにと本には書いてありますが、作って追加して、としていくといつ作ったかわからなくなっちゃうんですよね。逆に意外と使っちゃってたりしてあげるものがなくなったり…

こんな理由でフリージングをやめてしまいました。フリージングをやめたあとは、取り分け火のとおりやすい素材を使うことで離乳食を無理なく作っています。次回以降使っている道具などをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました