パパ抜きの親子三代女子旅!香港にいってきました②2日目、3日目、感想編

おでかけ

海外欲がとまらない!年末はおとなしくしていようと思っていたのですが、急遽香港に行くことに。香港は子供に優しい街で、快適に過ごせました☆

スポンサードリンク

2日目は観光できました!!

初日は見事に私がダウンし、まったく観光できませんでした。予定では一日目にビクトリアピークに夜景を見に行く予定だったのに…

ただ、一日寝たのがよかったのか胃を除いて見事に回復!朝御飯は控えて(ホテルの朝食に胃に優しそうなマカロニスープがありました。おいしかった!)胃散を飲んでだましだまし昼からは食べるぞーーと気合いを入れました。

とはいえ子供連れだといろいろと時間がかかるので結局回ったのは2ヶ所のみです。

  • ビクトリアハーバー
  • ビクトリアピーク

まずはホテルからすぐのビクトリアハーバーへ。夜に夜景(シンフォニーオブライツ)を見に来る予定だったので、ささーっと場所だけ確認しようと思いましたが、まさかの階段に娘が駄々はまり…しばし上下運動(笑)

その後対岸にわたるため、スターフェリー乗り場へ。香港は乗り物が3才以上から有料なので注意です(いろんな入場料も)。すごく安いんですけどね。比較的頻度高く出港しているので待合所でしばし待ちます。

船は10分くらいで対岸に到着。ここからビクトリアピークへ向かいます。バスがそこそこの時間で来そうだったので、バスへ。フェリー乗り場では余裕で座れたのですが、香港駅から大量に人が乗ってきて、あっという間に座席がいっぱいになってしまいました。ここからすぐつくかと思いきや、かなり時間がかかった(40分くらい)+山道でぐわんぐわん揺れるので、座っておいてよかったです。バス苦手な場合は、トラムに乗りましょう。トラムならあっという間に頂上につきます。

ビクトリアピークでは入場料を払ってビクトリアタワーの上から景色を眺めます。ああ、昨日の夜来たかった…

ここでお昼の時間になったので私は初飲茶!頂上価格でしたが眺めもよかったし良しとします。その後ぶらぶらお店を見て回り、パンダ型のハンドクリームを娘に買わされ(笑)、帰りはトラムで帰りました。トラムは結構並ぶので時間に余裕を持っていった方がいいです。

トラムに乗る頃にはすっかり娘が寝てしまい(ベビーカー持ってこなかったことに後悔)、トラムを降りて母としばしスタバで休憩。スタバのドライフルーツとナッツのトーストがとっても美味しかったので日本でも売ってほしい。

娘がだいぶよく寝たので、もうすでに夕方。帰りはMRTでホテル側へ戻りました。娘がるるぶを見て行きたがっていたパンダ飲茶のお店に行ったところなんと貸し切り!!!がっくし。明日の営業を確認して別のお店にいきました。

ビクトリアハーバーに戻る途中こんなサンタ像。クリスマス過ぎても結構ツリー飾ってありますよね。ウィーンとかシンガポールもそうだったなぁ

ペニンシュラもクリスマス一色。ちなみに中では無料のコンサートをやっていてじっくり堪能できてしまいました。ラッキー☆

この日のラストはビクトリアハーバーでシンフォニーオブライツを観賞。ペニンシュラの前あたりだと、音楽は聞こえないですね~。しかしキラキラしていてとってもきれいでした。あいかわらず娘は階段に御執心でしたが(笑)

最終日はあこがれのマンゴープリンとやっぱり飲茶!

最終日は午後15時発の便だったのでお昼を食べてから空港へ行くことに。と、その前に私がどうしてもやりたかったこと…ペニンシュラのマンゴープリンを食べる!!ペニンシュラのマンゴープリンは日本でも食べれますが、やっぱり本場のが食べたい。という訳で開店と同時にペニンシュラアーケード内にあるペニンシュラブティックに行って来ました。カフェでも食べれるのかもしれないのですが、娘が騒ぐといけないのでテイクアウトしてビクトリアハーバーで食べました。

濃すぎずでもまったりとしていて美味しいプリン!上に乗っているホワイトチョコのプチプチもいい感じでした。値段もビックリするほど高いわけではないので、ぜひ行ってみてほしい~

その後九龍公園へ。この公園は無料で入れるのですが、フラミンゴやオウムがいたりと動物園的要素もあるのです。もう少し時間があったら遊具でも遊ばせてあげたかったのですが、帰りの時間もあるので動物だけ見て撤収。

昨日のパンダ飲茶のお店にリベンジ!無事に入ることができました。

しかしいくら探してもパンダ飲茶がない。ペンギン飲茶もない。ぶたさん飲茶しかない…残念ですが、娘にはぶたさん飲茶で手を打ってもらいました。これはこれでかわいいのです。

ご飯を食べたあとにホテルで荷物をピックし、空港へ。帰りはMRTでチムサーチョイ駅からセントラル駅(=香港駅)に向かい、エアポートエクスプレスに乗り換えました。オクトパスカードを買わなかったので、エアポートエクスプレスの切符をどこで買えばいいかかなり迷い、ダッシュするはめになりました…(子供をつれてギリギリの行動はいけない…)

入国審査では子供がいると行列を全部スキップしてくれます。しかしここで問題。空港で買えばいいやと思っていたお土産ですが、香港空港が改装中で香港のお菓子を買えるお店がわずか一軒、しかもあまり種類がないときた!こんなことなら市街地で買っておけばよかったと後悔しつつ、キャセイのラウンジでメロンを食べて(食べてばっかり)帰りはJALの羽田便で帰国しました。予約していたロイヤルパークホテル ザ 羽田で紅白を見て、年を越しました。

感想

体調を崩して本当に今回は寝るだけの旅だ…と絶望していたのですが、なんとか回復し、それなりに楽しめたので本当によかったです。心残りはビクトリアピークから百万ドルの夜景が見えなかったことくらいですかね…あ、でももし体調崩していなかったら2日目にマカオに行きたかったなぁ…個人的にはマカオの方が好きだったりします。

今回は親子三代でほとんど私が準備することになったのですが、多少親孝行できたかなぁと思います。女子旅だと買い物とかゆっくりできるので楽しいですね。父親がいたらパンダのハンドクリームは買わなくてすんだかもしれないですが(笑)

また、毎回海外旅行に行くと子供が一緒でものびのびできる自分がいます。日本だと外出中どこでも静かにしてっという感じでものすごいストレスがたまるのですが、海外の人は子供を積極的に構いに来てくれるのでなんだか安心するんですよね。それだからか子供もあまり騒がないし。香港はみんなパワーがあって、大人もうるさい(笑)ので、ちょっと子供がちょこっと騒いでも見事に打ち消されるのでさらに気が楽でした。

衛生面でも安心だし、時差もない、冬は暖かい香港、また訪れてみたいなぁと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました