どうして完ミに?

現在は母乳育児推進真っ只中ですね。
そんな中で完ミにするのは抵抗がある方も多いようです。
知恵袋を見ると、完ミにした理由を聞いてる人が結構います。背中を押してほしいんですよね。
かくいう私も生後1ヶ月で完ミにするまで結構検索してました。
なので、私が完ミにした理由を書いてみようかと思います。

スポンサードリンク
  1. 母乳が出ない(と感じていた?)上に子供がよく飲む子だった
  2. 保育園入園が比較的早く予定されていた
  3. 早めに生活リズムをつけたかった(私が寝たい)
  4. 混合は太りすぎるのではないかと不安
  5. 授乳に時間をとられるのが自分だけというのが嫌だった

書き出してみると自己中心的な理由がちらほらちらほら…
それでは詳しく見てみようと思います。

1.母乳が出ない(と感じていた?)上に子供がよく飲む子だった 2.保育園入園が比較的早く予定されていた 3.早めに生活リズムをつけたかった(私が寝たい)

母乳育児について勉強した方は聞いたこともあるかと思いますが、母乳はとにかく吸わせることが大事だそうです。

しかし、私の病院はほぼ別室、加えて子供はしばらく保育器に入っていたため、入院中にあまり吸わせることが出来ませんでした。

私もあまりばんばん出る体質ではないようで、胸が張ることなんて結局一度あっただけでした。

ミルクは1日10mlずつ増やしていくのですが、我が子はそれじゃ足りずに余計に飲んでましたw

頻回授乳でがんばるのもありでしたが、2.の理由から哺乳瓶を受け付けなくなるのは困る…

と言うことで早々に完母、母乳よりの混合を目指すことはやめました。

また、出産前から寝かしつけに絶対苦労したくない、夜泣きは避けたいと思っていた私は何冊か睡眠に関する本を読んでました。すると、生活リズムがとても大事と。しかし実際問題、母乳のみだと足りなくて30分おきとかで泣くんです。夜も。生活リズムどころじゃない!

里帰りもしていなかったし、昼寝もあまりしないよく泣く子だったので、体力的に無理だと思いました。この時点で完ミに心は大きく傾きました。

4.混合は太りすぎるのではないかと不安

混合にもいくつかやり方があると思います。母乳飲ませたあとに毎回ミルクを足すとか、母乳の回とミルクの回を分けるとか。ただ、どちらにしてもミルクの量が難しいですよね。

私は前者で育ったのですが、ミルクを足しすぎたらしく、3ヶ月で8kgもあったそうです…(成長曲線のはるかはるか上w)

乳児期に太っていてもそのあと痩せるから大丈夫!とよくいいますが、私は25歳くらいまで引きずりましたww

もちろん、乳児期の飲みすぎが原因ということはないと思うのですが、肥満に苦労したこともあって飲みすぎだけは避けたかったのです。となると母乳、ミルクどちらかを選ぼうと…で、完母はなしと思っていたため、ミルクにしました。

5.授乳に時間をとられるのが自分だけというのが嫌だった

いろいろ書きましたが、この理由も大きいかもしれません。

本当に自己中心的ですが、授乳を母親しかできないというのが嫌だったのです。授乳って一回15分くらいかかるし、子供から離れられない。

育休中、仕事から離れられて嬉しいとかなら違ったかもしれませんが、仕事やりかけで休みに入ったため、夫に対してすごくズルいという思いが出てしまいました。

そこへ授乳の負担…あーあ、嫌だなって。今思えば親になりきれてなかったなぁとも思いますが、そのときはその思いが止められませんでした。

そんなこんなで生後1ヶ月の時点ですぱっと完ミに切り替えました。今では本当に切り替えてよかったと思っていますし、次に子供が生まれても多分同じ時点で完ミにすると思います。

完ミ育児にメリット、デメリットについても次回以降書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました