たくさん絵本を読もう♪メルヘンクラブの毎月配本

大人になってもわくわくしてしまう絵本!自分がたくさん読んでいただけあって、子供にもたくさん読んであげたい、読んでほしいと思っています。でもそんな思いが強いほど絵本選びに時間がかかる…絵本選びの時間がなかなかないという人もいると思います。そんな方に便利な絵本の配本をご紹介!

スポンサードリンク

毎月届く絵本

ブッククラブというのを聞いたことはないでしょうか??いろんな会社がやっているのですが、年齢に合わせたコースを選ぶと、毎月絵本を二冊程度自動的に送ってくれるというものです。

有名なところだと下のようなものがあります。
クレヨンハウス
こどもの本の童話館
メルヘンハウス
絵本クラブ

細かい違いはよくわからないので置いておきます(笑)各家庭に合うところを選べばいいとおも思います。

我が家ではメルヘンハウスの定期講読をしています。配本されている本の例に私が小さい頃読んでいたものが多かったという理由だけで選びましたが、意外や意外に知らない本も多く、子供だけでなく私も毎月楽しみにしています。もちろん前もって配本されるリストが送られてくるので、すでに持っている本があれば別のものに変更してもらえます。

ブッククラブを利用して良かったこと

本を選ぶ手間が省ける

書店にいくとたくさん絵本があって見ているだけでも楽しいのですが、時期にあった絵本を!と考えるとなかなか選ぶのが難しかったりしますよね。

その点ブッククラブでは年齢にあった本を自動で送ってくれるので、楽チン!しかも郵送なので書店にいく手間もありません。

飽きた頃に新しい本が届く

これは私特有かもしれませんが、毎日子供に絵本読んで!をエンドレスされると、自分がその絵本に飽きてきます(笑)見なくても一言一句間違えずいえるのも何冊か…

毎月必ず届くので、ちょうど子供も私も飽きた頃に新しい本が届きます。新しい本が入ると新鮮な気持ちになってまた楽しく本が読めちゃいます♪ローテーションも変わるので、前からある本まで新鮮な気持ちに(笑)

いろんな種類の本が読める

自分で絵本を選ぶ、あるいは子供が好きな本を選ぶだと、どうしても趣味みたいなものが出てきますよね。

ブッククラブだと申し込み者の趣味は一才考慮されないので、普段見ない絵本に出会えます!

たとえば、子供が女の子ということもあり、とらっく (バートンの のりものえほん)は絶対自分では買わないのですが、意外に子供ははまったりします。

本のいいところの一つは、自分が知らない世界を疑似体験できることだと思うのですが、これならさらに世界が広がりますね!

コミュニケーションになる

ブッククラブはその性質からか、支払う人と受けとる人を別々にすることが可能です。つまり、おじいちゃんおばあちゃんが支払って孫に絵本を毎月送ることが可能です。

我が家はそのパターンで、別に住んでいる私の両親が払ってくれています(月によって違いますが、だいたい1500~2000円くらい)。毎月本が届くと、今月はこんな本が届いたよ~とか、この本は好きみたいとか、コミュニケーションが生まれます。親も絵本が大好きで、このようなコミュニケーションは嬉しいようです。

きっともう少し子供が大きくなったら子供が自分で感想を言えるようになってもっと楽しいだろうなぁ♪と思っています。本好きのおじいちゃんおばあちゃんがいる方には、孫へのプレゼント提案(だめ?笑)としてとってもおすすめです。

まとめ

自分で絵本を選ぶのも楽しいけれど、親にも子供にもおじいちゃんおばあちゃんにも楽しいブッククラブもとってもおすすめです。私の両親が許す限り続けてもらいます(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました