こんなに早くなるとは…2才で花粉症になってしまいました。

いまや国民病ともいえる花粉症。私も9才で発症して20年くらいのお付き合いになります。娘もいずれなるかなぁと思っていたら、予想よりはるかに早く発症してしまいました…

スポンサードリンク

気づいたきっかけと診断まで

先週、保育園からお迎えコールが。めずらしいなぁと思ったら、ぶつけてもいないのにお昼寝後に目がものすごい腫れてしまったとのこと。たしかにピークのときの写真を見せてもらったら喧嘩の後みたいになっていました(とっさに写真を撮る判断をしてくれた先生に感謝!プリントまでしてくれました)。

早速病院につれていくと、見た感じ食物アレルギーではない(腫れ方が違うそうです)とは思う、両親ともに花粉症ならこの子も発症したかもね、ということでアレルゲンの検査を受けることになりました。

娘の初の静脈採血ということで、ひどく泣かれました…私も注射嫌いすぎて仮病使ったこともあるくらいなのでつらいよねぇと同意を示しまくり、帰りにアンパンマンジュースをごほうびに買いました。初ごほうび(笑)

一週間後検査結果を聞きに行くとやはりスギだけ反応が出ていたので、スギ花粉症と診断がされました。2歳4ヶ月にして花粉症とはかわいそう…ただ40種類ほど調べてほかのものには一切反応がなかったのでそこはちょっと安心です。

それまでにはたしかに鼻水は出ることがあったけど、目立ったアレルギー症状はなかったので花粉症はノーマークでした。あーびっくり。

花粉症は何歳くらいから発症するのか

今までの私の認識では、ある程度花粉への暴露がないと花粉症にならないと思っていたのですが、先生に聞いたところ、最近は花粉症発症が若年化しているようです。先生の聞いたことのある一番若い発症はなんと10ヶ月!1才で発症ならわかりますが、一春越えてないとは…2才で発症も納得です。

私の頃、9才で発症もそんなに多くなかった(杉の産地在住)のに、今や普通に暮らしていても小学校にはいるまでに発症するとはなにかあったんですかね。

今の治療と今後の治療

最初に病院に行った日はとりあえずアレジオンを7日分処方されました。ドライシロップだったので、水に溶かしたら、おーいし!とがぶ飲みしてました(笑)2日もするとすっかり目の腫れもおさまりひと安心。ここで服薬を止めてみたところ、その後症状は出ていません。

検査結果を聞きに行った日に聞いてみたところ、服薬を止めても大丈夫なら、今年は花粉も少ないし、服薬はしなくてよいとのこと。また来年考えましょうということになりました。

ただ、ひとつアレルギーがある子はそのあと別のアレルギーになりやすいとのことで、今後舌下療法(減感作療法)を受けることをすすめられました。アレグラやアレジオンといった抗アレルギー薬は根本的に花粉症を直すことができません。一方の舌下療法はアレルギーの原因物質に体をならすことで根本的にアレルギーを治そうというものです。今は12歳以上しか適用がないけれど、すでにこどもでの試験が実施されており、数年すれば5歳以上で治療ができるようになるだろうとのことでした。治療効果は3年かけて80%程度と結構高いなぁという印象。小児で承認されたら検討してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました