【本の紹介】「学力」の経済学

久々に本のご紹介です。今回は育休あけてから読んだ中室牧子先生の「学力の経済学」です。実際にお話を聞いたこともあるのですが、はきはきとされた素敵な先生でした。この本は子育てする人はみんな読んでおいて損はないと思います。むしろ読まないと子供が損??

スポンサードリンク

どんな本?

一言でいえば、しつけや教育で気になることに対して科学的な証拠に基づいて教えてくれる本です。

ことに教育となると、うんちくたれたがる人もいますよね。本にも書いてあるのですが、国の方針を決める会議でも平気で「私はこのような例を知っている」みたいなことを言うそうです。そんな限られた知見で教育行政が決まるなんて恐ろしすぎます。

そのような自体を打開すべく、科学的な方法にのっとって実施された実験の結果をもとに意思決定することの重要性を説いています。

感想

ご本人もおっしゃっていたのですが、あくまでもデータを中立な立場で見て判断するのが中室先生のお仕事であり、何がいい、悪いというのを判断することはしないというのが伝わってきて、本の内容を受け入れやすいです(データが並ぶので、誰かの主観的意見が聞きたい!という人にはつまらないかも)。押し付けがましさがない。

この本を読むと、日本の教育行政は本当に大丈夫なのか?と心配したくなります。私はゆとりの始まりの年生まれで、会社に入ってもゆとりゆとり言われた世代です(笑)ゆとり教育が始まって比較的すぐ方針転換され、子供は振り回されていますよね。このゆとり教育が導入されたのもきっと誰か偉い人の主観が根拠になっているんだろうと思います。子供はのびのび遊ばせるべきだとかね。

この本を読めば、ゆとり教育を全国で導入する前に一部地域でゆとり教育を実験として実施するべき(当然、本にはある変更をすることで不利益にならないように実験をする方法も書かれています)で、その結果に基づいて導入するべきでしたし、やめるならやめるで、本当にゆとり教育は失策だったのか、どの部分は子供にとって良い影響と悪い影響はなんだったのか、きちんと事後評価すべきだということがわかります。こういうことをちゃんとデータ化して行政にいかすアメリカはやっぱりすごい。

少人数学級の効果や先生の質の評価など、教育行政についてのお話も小学校入学前の子供を持つ親としては興味深いんですが、この本の素敵なところは固い話だけではなく、親なら知りたい!と思うしつけの効果も豊富に紹介されていることです。ご褒美で釣っていいのかや、ゲームやテレビを見させてもいいかなど、しつけあるあるがたくさんのってます。

どんな人におすすめ?

教育やしつけについて実際科学的にどうなんだろう?と気になる人におすすめです。自分と似たような事例を見て安心したい!という人には全くおすすめできません(笑)

データを細かく見出すと大変ですが、内容を把握するだけならさらっとよめる本だと思います。子供が小さいときに読んでいてよかったと思える本です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました